0
¥0

現在カート内に商品はございません。

Testoviron depot(テストビロンデポー) 10本 (テストステロンエナンセート)

¥10,440 税込
商品コード: Testoviron Depot 10 ampules/pack 250 mg_x1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
筋肉の生成に不可欠なたんぱく質同化を促し、男性らしい筋肉や骨格を作り上げる内容:テストステロンエナンセート Testosterone Enantate 250 mg. per ampul
1 ml vial
Testoviron depot(テストビロンデポー) はインドからの発送となります。
製造元はGerman Remedies (Zydus Cadila Healthcare)かBayer 製薬のどちらかを発送いたします。
アナボリックステロイドのマニュアル本には、テストステロンエナンセートという成分名で紹介されているかもしれません。
テストビロンデポーの詳細
注射液
有効成分:テストステロンエナント酸エステル
医療診断/健康診断
テストビロンデポーを用いた治療を開始する前に、綿密な医療診断が必須となります。前立腺がんの可能性は、この時に除外されていなければなりません。治療期間中には、現時点で認められている検査方法によって、前立腺と胸部の慎重かつ定期的な医療診断が実施されなければなりません(少なくとも年1回、そして高齢患者およびリスクのある患者では年に2回)。
血中テストステロン濃度の定期的な確認に加えて、テストビロンデポーを使った治療期間には次の検査値も測定されるべきです:ヘモグロビン(赤いヘモグロビン)およびヘマトクリット値(赤血球容積の合計)、そして肝機能検査。
テストステロン測定は、常に同じ研究所で実施されるべきです。
腫瘍
テストステロンのようなアンドロゲンは、すでに初期ステージにある既存の前立腺がん、または良性前立腺肥大(良性前立腺過形成)の進行を促進することがあります。
児童および青年
女性性ホルモンのエストロゲンへの転換により、テストステロンは骨成熟を促進することがあります。これは、最終的な骨の大きさを縮小させることにつながります。
よって、投薬が長引いたり高投与量が用いられたりする場合には、一定期間ごとに放射線骨年齢測定が行われるべきです。
高齢者
高齢患者(65際以上)では、生理学の観点から加齢と共に血清テストステロン値が下降することを考慮すべきです。
ドーピング目的での乱用時における効果
テストビロンデポーの使用は、ドーピング検査での陽性反応につながることがあります。
テストビロンデポーに含有されるようなアンドロゲンは、健常者における健康な筋肉の発達促進または身体能力の促進には適しません。
ドープ剤としてテストビロンデポーが使用された場合の人体への影響は予測不可能であり、重大な健康被害の可能性は除外できません(第4項を参照「潜在的副作用には何がありますか?」)。
その他の薬剤とのテストビロンデポーの併用:
その他の医薬品を服用中もしくは利用中の場合、そしてあるいは最近それらを服用もしくは利用したことがある場合、それらが処方箋を必要としないものであったとしても、かかりつけ医師または薬剤師にお知らせください。
下に記載のある薬剤の作用ならびに調剤グループは、テストビロンデポーを使った同時治療によって影響を受けることがあります。
経口抗凝固薬(血液凝固薬)
テストステロンとその誘導体は、血液凝固を抑制するために使用される薬品(経口抗凝固薬)の作用を増進することができます。従って、経口抗凝固薬を使って治療中の患者に対しては、凝固状況(より頻繁なプロトロンビン時間の確認およびINR検査の実施)の注意深い監視が求められます。これは特に、テストビロンデポー投薬の初期と最後に必要になります。
その他の相互作用
テストステロンとACTH(副腎皮質刺激ホルモン - 下垂体前葉から分泌される特殊なホルモン)またはコルチコステロイド(副腎皮質ホルモン)の同時投与は浮腫(組織での体液の蓄積)形成のリスクを高めることがあります。この理由のため、十分に注意を払っている場合にのみ、これら有効成分は同時投与が可能です。心臓病または肝臓病のある患者、もしくは浮腫を発達させやすい患者に関しては特に注意が必要です。
甲状腺アンドロゲン検査値へのテストビロンデポーの影響
アンドロゲンは、甲状腺機能検査の結果に影響することができます。そのような検査を受ける場合には、テストステロン代替治療中であることを担当医師に必ず知らせるようにしてください。
しかしながら、テストビロンデポーは有効な甲状腺ホルモン濃度を変えないという事実があります。例えば甲状腺機能亢進症などのような症状の発生に関しては、一切心配の必要はありません。
運転能力および機械操作:
テストビロンデポーは、運転技術または機械を操作する能力には一切影響しません。
3. テストビロンデポーはどのように投与されるべきですか?
テストビロンデポーは通常、医師によって投与されます。
正しい投与手順についてよく分からない場合には、かかりつけの医師に相談してください。
この薬は、以下の推奨投与量に基づいて投与されるべきです:
大人
男性性腺機能低下症の初期治療には、1アンプルまたは使用準備済注射器1本を2〜3週間おきに筋肉注射で投与します。
十分なアンドロゲン効果を維持するために、成人男性の注射間隔は推奨期間である2〜3週間以内を維持すべきです。
個人のホルモン必要条件に応じて、それよりも短い間隔での注射が必要になることがあります。
男児
思春期遅発症の男児に思春期を誘発するためには、4〜6ヶ月間4週間ごとに50mgから最大100mgのテストステロンエナント酸エステルを投与し、その後治療休止期間を3ヶ月おきます。必要に応じてこの治療手順を繰り返します。(月間100mgが投与される場合は、2週間ごとに50gずつの投与が適しています。)
利用例:
注射液
テストビロンデポーは、筋肉注射のみによって投与されなければなりません。注射液は、筋肉注射で通常取られる予防措置を同時に観察しながら、臀筋へごくゆっくりと、深く注射していきます。注射が血管へ入らないように(血管注入法)特に注意しなければなりません。油性溶液の注射中または注射直後に稀に一時的反応(咳の衝動、咳の発作、呼吸困難)が起こることが報告されていますが、努めてゆっくりと注射すればそれらを避けることができます。
テストビロンデポーの効力が強過ぎるまたは弱過ぎると感じる場合には、かかりつけの医師または薬剤師にご相談ください。
推奨投与量以上のテストビロンデポーを投与された場合、投与の中断以外に必要な治療は特にありません。
この薬についてその他ご質問がある場合には、かかりつけの医師または薬剤師にご相談ください。
(参照:https://vardgivarwebb.regionostergotland.se/pages/233476/Testoviron%202008.pdf)
Clofi 50mg 200錠 クロミッドのジェネリック 睾丸の機能回復
HCG (性腺刺激ホルモン) Fertigyn 5000IU× 3本
リブ.52DS (Liv.52 DS) 360錠 肝臓保護
プラセンタ注射液 2ml (PLACENTREX 2ml) 56本(美肌と肝機能回復に劇的な効果)
も人気

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ★★★★☆ (1)

  • 2020/01/01 町田 さん ★★★★☆

    当分は

    テストビロンデポーとは、知人からの紹介で、利用するようになりました。
    テストビロンデポーについては、もちろん副作用などのリスクはありますけど、基本的には、安心安全だと実感しています。
    当分は、こちらを利用しようと思います。

レビューを投稿