0
¥0

現在カート内に商品はございません。

グルコバイ(アカルボース) 50mg90錠

¥3,222 税込
商品コード: RY04724-1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
炭水化物の消化を阻害する薬ダイエットにアカルボース(グルコバイ)を用いることにより、 低インスリン・ダイエット(食後に血糖値の上がりにくい食べ物を食べる事により、 インスリンの分泌を抑え、自然に痩せる仕組みのダイエット)と同じ効果が得られます。

グルコバイの主成分であるアカルボース(Acarbose)は、2型糖尿病を治療するための経口血糖降下薬で、四糖の一つである。前糖尿病の治療薬として承認している国もある。バイエル社によって、1973年放線菌Actinoplanes属のアミノ糖産生菌の培養液中から分離され、1990年ドイツにおいて医薬品として承認された。ヨーロッパではGlucobay、日本ではグルコバイ、北アメリカではPrecose、カナダではPrandaseというブランド名で販売されている。多糖からグルコースを切りだすαグルコシダーゼの阻害剤として働く

グルコバイの主成分であるアカルボースは、炭水化物の消化に必要な消化酵素、特に小腸から分泌されるαグルコシダーゼや膵臓から分泌されるαアミラーゼを阻害する。αアミラーゼは小腸内腔でデンプンをオリゴ糖にまで分解し、さらに小腸の刷子縁細胞に結合するαグルコシダーゼがオリゴ糖、三糖、二糖をグルコース等の単糖に分解する。これらの機構を阻害すると、炭水化物の消化率が落ち、グルコースの体内への吸収量が減る。糖尿病患者に対して、この薬物治療法は短期間で血糖を下げることができ、さらに長期的にもグリコヘモグロビン値(HbA1c)を低下させる効果がある。

用法

アカルボースは、炭水化物の消化を阻害するものであるため、食事の最初に摂取する必要がある。食事に含まれる炭水化物の量によるが、大人の場合、1日あたり、50mgあるいは100mgを3度摂取するのが一般的である。

副作用

アカルボースは、炭水化物のグルコースへの分解を阻害するため、炭水化物がそのまま小腸に残留する。結腸では細菌が炭水化物を分解するため、屁(患者の78%)や下痢(14%)等の副作用がある。

これらの副作用は投薬の量に比例するため、一般的に、始めは少ない量で薬を服用し始め、希望する効果が表れるまで徐々に量を増やすようにという指導が行われる。

製造元:Bayer Turk Kimya San.Ltd.Sti.

成分:アカルボース Acarbose

製造国:Turkey

シンガポール発送

到着まで、8日前後



メトホルミン Okamet
も人気

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ★★★★★ (2)

  • 2020/02/05 成宮 さん ★★★★☆

    かなり優秀

    血糖値が下がり、エイビス薬局のグルコバイを利用させてもらうようにしています。
    エイビス薬局のグルコバイとは、経口血糖降下薬としては、かなり優秀だと思います。
    期待を裏切る結果にはならないのです、普通に役に立ちます。

  • 2020/01/12 中田 さん ★★★★★

    定期的に注文

    グルコバイとは、個人的には、自然に痩せられるようになるので、エイビスドラッグでは、定期的に注文させてもらうようにしています。
    グルコバイの他には、特に利用しなくても、充分に痩せられるのは素晴らしいです。

レビューを投稿